アレルギーの原点は結露だった!?

1 アレルギーの原点は結露だった R

 

みんな一度は窓が結露しているのを

見たことがあると思います。

実は壁の中も結露している場合

があります。なぜでしょうか?

 

 

結露とは、室内外の温度差によって

発生した水蒸気が窓などにつくことです。

 

その水蒸気は壁の中入り込み

壁内結露を起こします。

 

結露した部分にはカビが繁殖

カビを餌にダニが繁殖します。

 

ダニの糞や死骸を吸い込む

アレルギーを引き起こします。

 

 

なぜ水蒸気が壁内に入り込むか

というと、隙間がある、つまり

 

気密性が優れていないのです。

 

 

家を建てよう!とお考えの方は、

Cという言葉を聞いたことが

あると思います。(⇒C値とは?)

 

一般的にC値が5.0以下の家

「高気密住宅」といいますが、

 

壁内結露を防ぐならC値1.0以下

にすべきと言われています。

 

 

結露がアレルギーの原因だなんて…

大切な子どもの健康を守りたい

ならC値1.0以下の家!

を強くおすすめします。

 

 

関連記事

⇒ネイブレインのC値は平均0.36

子どもも大人も健康に暮らす家


岡崎の木造注文住宅ネイブレイン

「私たちは、子どもも大人も、健康に暮らす家しか建てません」