私道の相続税評価について

私道として

土地の一部が私道として

利用されている場合の

宅地の相続税評価について

お話しします。

(ちょっと難しい&長いです!)

 

私道には、

通り抜け私道と、

行き止まり私道があります。

 

 

通り抜け私道の評価

図1

一般に以下の3点のような

利用制限があります。

 

1.路として利用

 →第三者が通行することを容認

自分の土地だけど、

他の人も通行で利用するよ

 

2.道路内建築の制限がある

 →通行を妨害する行為は禁止

他の人がちゃんと通行

できるようにしてね

 

3.私道の廃止または変更

 →制限あり

自分の土地だけど、

自由に売買はできないよ

 

このような私道を含む宅地を

売買する場合、所有者の意志での

自由な処分はできません。

そのため、私道部分の評価額

100%減額している事例が多い

ようです。

 

相続税の計算上も、

評価はありません。

 

 

 

行き止まり私道の評価

図2

行き止まり私道については、

使用にある程度の制約はあるものの

所有者の意思に基づく

処分の可能性は残されています

特に自分の土地が

行き止まり私道と隣接する場合、

私道はその土地の一部とみなされ、

私道ではなくなる可能性があります。

 

このため相続税の計算上

行き止まり私道については、

相続税評価額の

30%相当額により

評価されます。

 

しかし、その私道を通って

不特定多数の人が公園などの

公共施設等に出入りする場合は、

相続税の計算上、

評価をしません。

 

 

次回はセットバック部分の

相続税評価についてお話しします。

 

関連記事

セットバック部分の相続税評価について


岡崎の木造注文住宅ネイブレイン

「私たちは、子どももおとなも、

健康に暮らす家しか建てません」