R+houseの秘密

secret03 message01

住宅を選ぶのに、性能って気になるところ。それが、家が建った後の住環境に大きな影響を与えます。
「冬暖かく、夏涼しい家」とは?…一言で言うならば性能の良い家のことです。
その為には、住宅の「気密性」と「断熱性」を高めることが不可欠なのです。
R+houseの家は、性能(気密・断熱)にとことんこだわっています!

R+houseの「高気密住宅」とは?

concept2 imgc

高気密な家とは、隙間が少なく熱損失が少ない家のことです。
住宅の隙間を減らすことで熱損失を少なくするので、冷暖房用エネルギー消費が低減できます。また、適切な計画換気がなされるので結露の危険を低くするなど生活環境の快適性を高めた住宅です。
気密の性能はC値という指標で表されます。

気密の性能はC値という指標で表されます。
C値は床面積1m2当たりの隙間面積(cm2)で示され、値が小さいほど隙間の少ない高気密な家と言えます。

koukimitsu img2

これまでの日本の目標は5.0(cm2/m2)ですが、高気密にこだわるR+houseの標準は0.5(cm2/m2)です。

R+houseの「高断熱住宅」とは?

concept2 imgua

高断熱な家とは、室内と室外で熱エネルギーの行き来が少ない家のことです。
住宅の外部に面する部分(外壁、屋根、窓など)から熱が逃げないように、室内と室外をエネルギー的に区切って(断熱して)いるので、冷暖房効果が高く、快適で環境への負荷も少ない住宅です。

断熱の性能はUA値という指標で表されます。
値が小さいほど熱が逃げにくい高断熱な家と言えます。

次世代省エネルギー基準は地域によりますが、一般的なⅢ地域・Ⅳ地域=東北の一部~九州の一部では、表の通りです。高断熱にこだわるR+houseは次世代省エネ基準を大きくクリアしています。

concept2 img3

koukimitsu img1

R+houseは、気密と断熱にこだわって、住み心地の良い住宅を実現します!

高気密性をC値測定で確かめる

住宅は一生に一度の高い買い物です。 あとで後悔しないように納得のいくものを選びましょう。

高気密・高断熱と言われる住宅はたくさんあります。しかし、本来住宅は一邸一邸間取りも大きさも違います。ですから厳密に言えば気密性や断熱性も異なるのが当たり前なのです。

特に気密性は現場での工事精度によるところが大きく、カタログの数値や説明された数値と異なる事も少なくありません。R+houseでは、一邸一邸C値の実測をしています。
是非、その測定結果にも注目してみて下さい。

secret03 img1