R+houseの秘密

燃費の良い家づくりでランニングコストを抑える

車を選ぶ時って、1リットルで何キロ走るか(燃費)は大事なポイントですよね?
家だって、燃費の良し悪しがあります。それは、家のつくり方次第で大きく変わってくるのです。
生涯住み続けるマイホームなのだから、家の燃費もしっかり考えるべき!

燃費の良い家は冷暖房費のかからない家

住宅費用とは、住宅購入費用や月々のローン支払い額だけではありません。
毎月の冷房、暖房などのランニングコストも含まれます。このランニングコストは出来るだけ抑えたい!
車によって燃費が違うように、住まいのランニングコストは、家づくりと深い関係があるのです。

R+houseでは燃費の良い家が出来ます。

《現在の光熱費で一般住宅とR+houseを比較!》

[冷暖房コストシミュレーション]
(単位:円)mini logo2長期優良クリアレベル
(Ⅳ地域等級4)
断熱性能の低い
これまでの日本の住宅
暖房費(円/ 年) 15,477 26,558 112,205
冷房費(円/ 年) 14,861 17,771 22,358
合 計 30,338 44,329 134,563
R+house との差額 13,991 104,225
30年間での差額(光熱費変更無しの場合) 419,730 3,126,750

冷暖房費はエアコン仕様による電気代です。

secret04 img

断熱性能の低いこれまでの日本の住宅との比較では、約312万円もの違いが生まれます。30年間の冷暖房費はⅣ地域等級4の一般住宅と比べると約42万円も少なくて済みます。

《もし光熱費が上がったら…?一般住宅とR+houseを比較!》

光熱費は変動します!例えば、上記と同じシミュレーションで、15年後に光熱費が2倍に上がったら…?

[冷暖房コストシミュレーション]
(単位:円)mini logo2長期優良クリアレベル
(Ⅳ地域等級4)
断熱性能の低い
これまでの日本の住宅
30年間での差額(光熱費が15年後に2倍になった場合) 629,595 4,690,125

ローンが残っている期間も、払い終わった後もずっとこんなに負担があったら
…出来るだけ少ない方がいいですね。

長く住む家だから…月々のランニングコスト、出来るだけ抑えたいですよね。