義務化される住宅性能

私たちは家族が健康に暮らす家しか建てません R

2020年、日本の家づくりが大きく変わります。
今まで目標値であった

省エネ性能に関する基準」が義務化され、

一定レベルの性能を満たした住宅以外は

建てられなくなります

 

具体的には、「断熱性能」を表す

UA(外皮平均熱貫流率)が

愛知県(一部地域を除く)では

0.87以下になるように

断熱性能を高めなくてはいけません。

 

断熱性能に優れた住宅に住むと・・・
光熱費が安くなって、家計への負担が軽減
・家の中の温度差がなくなって、

 小さな子ども高齢者の体への負担もなく

健康・快適に暮らせる
アレルギー症状も改善される
などの良い点も報告されています。

 

しかし、昨年新築された住宅の

なんと3割以上

2020年の省エネ住宅基準」を満たさずに

建築されていると言われています。


省エネ住宅に必要な

断熱性能を実現するには、

建てる前の念入りな準備

丁寧な施工が不可欠です。
建てた後に引き返して

やり直すことはできません
だからこそ、

性能についてしっかり学び、

住宅会社を選ぶモノサシ

持つことが大切です。

 

R+house岡崎では

後悔しないための賢い家づくり勉強会

を定期的に開催しております。
まだまだの人も、そろそろの人も、

家づくりに大切な基礎知識を学び始めてみませんか?

 ⇒づくり勉強会に参加する

  

 

関連記事

子どもも大人も健康に暮らす家

アレルギーの原点は結露だった!?

私たちは「家族が健康に暮らす家」しか建てません


愛知県岡崎市の木造注文住宅ネイブレイン

「私たちはC0.3以下の家しか建てません」


 

 

September 2018
Mo Tu We Th Fr Sa Su
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30