家づくりで子供の手洗いの習慣をつけるアイデア

もうすぐ4月。桜も咲き始め、春めいてまいりました。
こんにちは。住宅コンサルタントの橋本です。

今年の冬は、インフルエンザが大流行しましたが、
風邪を引かないためのウイルス対策として有効と言われている1つに
“手洗い”がありますよね。

一方、子供に「帰ったらまず手洗いをする」習慣をつけさせるのが、
なかなか大変なんです!というご両親のお話も良くお伺いします。

そこで今回は、子育て中のご家族のみなさんへ、
家づくりの参考になるアイデアをご紹介します!

こちらは前回、花粉を部屋に持ち込まないアイディア
としてご紹介済みの玄関前の写真(当社建築事例)。

玄関で手洗いしてウイルス対策

一見すると普通の玄関横にあるシューズクローゼットですが、
見る角度を変えてみると・・・

手をきれいに洗って、ウイルスを持ち込まない対策

そうです、玄関を上がるとすぐに手洗いスペースがあるんです。

これなら、
“靴を脱いだら、手を洗ってからお部屋に入ろうね!”といった感じで、
子供に“手洗いの習慣づけ”をしやすくなりそうですよね。

前回の玄関に手洗いとコートクロークのスペースを設けるという工夫は、
花粉やウイルスを玄関に閉じ込めてしまうだけでなく、
なんと子供の手洗いの習慣までつけられるという、
1つのアイデアで3つの問題を一気に解決!出来ちゃうものでした。

小さな工夫で快適な暮らしを実現できるっていいですよね。
子育て中のみなさん、家づくりに取りいれてみてはいかがでしょう。