家族の生活に家の間取りを合わせる

今年は雨がずっと続くので、
夏の晴れが恋しいですね。

こんにちは!
住宅コンサルタント部の橋本です。

一般的に、お風呂や洗濯機などは、
1階にあるお家が多いですよね。

一方こちらは、
ネイブレインが建てたあるお家の2階の図面
なのですが、ユニットバスが2階にあります。

2階にユニットバスと寝室

この例のように、
最近ネイブレインでは、キッチン以外の
“お風呂、洗面、洗濯機、トイレ”などを
2階に配置する施主様が増えています。

それはなぜか?といいますと、
実は、建築家の先生からの提案について、
施主様に共感いただいているからなんです。

なぜ建築家の先生が
水回りの多くを2階に配置するという提案を
するのか気になりますよね?

そこで今回は、
実際にあったA様についてご紹介します。

r+houseで家づくりをする場合
家のレイアウト=家の図面を作成する際に、
建築家の先生は、施主様のご意向を伺いつつ、
一緒につくっていきます。

そしてA様の家の図面作成の際も同様に、
建築家の先生がヒアリングをしました。

・A様は夫婦共働きのご家庭とのこと。
・仕事のある日は、帰宅後にご飯を食べた後、
お風呂に入ってすぐに寝ることが多いそう。

ここで建築家の先生は、
“お風呂に入ってすぐに寝る”
というところに注目をしました。

間取りづくりに生活習慣を反映させる
ことを考えている建築家の先生は、
お風呂からあがった後に過ごす場所が、
リビングなのか、寝室なのかという違いは、
大きく関係してくる内容だったのです。

そこで「お風呂の後すぐに寝るのであれば、
ユニットバスは寝室のある2階にあった方が
過ごしやすいのではないか?」
と考え、
寝室のある2階にユニットバスを配置する提案を
A様にされたのでした。

たしかに、
夜に洗濯物を干すことが多いとか、
2階のベランダに洗濯物を干す、
衣類は2階に収納する、
といった生活習慣がある場合、
2階に洗濯機やお風呂があったほうが、
生活しやすそうですよね!

このように、ネイブレインのr+houseでは、
「間取りに合わせた生活」をするよりも、
「家族の生活スタイルに合った間取りの家」
で過ごすことが、幸せな暮らしにつながる
と考え、家づくりをお手伝いしています。

建築家の先生と一緒に家づくりを行い、
お施主様の生活スタイルに最適な間取りを
ご提案いたします!

是非一度、モデルハウスをご見学ください!!

 

R+houseでは皆様に家づくりの基準
“ものさし”を持っていただけるよう、
家づくり勉強会を行っています。
是非、家づくりの最初の一歩として
参加してみませんか?
皆様のご参加お待ちしてます!!

↓次回の開催はこちら!↓

******イベントのご案内******

【安城市 アンフォーレ】
後悔しないための賢い家づくり勉強会

<実施日> 
9月1日(日)

<お時間> 
13:30~16:30 (13:15 開場)

<場所> 
安城市 アンフォーレ 多目的室(1F)

勉強会の詳細・お申込みは、下記のページにてご確認ください。
<賢い家づくり勉強会の詳細・お申込受付はこちら>