もうすぐ4月。桜も咲き始め、春めいてまいりました。
こんにちは。住宅コンサルタントの橋本です。

今年の冬は、インフルエンザが大流行しましたが、
風邪を引かないためのウイルス対策として有効と言われている1つに
“手洗い”がありますよね。

一方、子供に「帰ったらまず手洗いをする」習慣をつけさせるのが、
なかなか大変なんです!というご両親のお話も良くお伺いします。

そこで今回は、子育て中のご家族のみなさんへ、
家づくりの参考になるアイデアをご紹介します!

こちらは前回、花粉を部屋に持ち込まないアイディア
としてご紹介済みの玄関前の写真(当社建築事例)。

玄関で手洗いしてウイルス対策

一見すると普通の玄関横にあるシューズクローゼットですが、
見る角度を変えてみると・・・

手をきれいに洗って、ウイルスを持ち込まない対策

そうです、玄関を上がるとすぐに手洗いスペースがあるんです。

これなら、
“靴を脱いだら、手を洗ってからお部屋に入ろうね!”といった感じで、
子供に“手洗いの習慣づけ”をしやすくなりそうですよね。

前回の玄関に手洗いとコートクロークのスペースを設けるという工夫は、
花粉やウイルスを玄関に閉じ込めてしまうだけでなく、
なんと子供の手洗いの習慣までつけられるという、
1つのアイデアで3つの問題を一気に解決!出来ちゃうものでした。

小さな工夫で快適な暮らしを実現できるっていいですよね。
子育て中のみなさん、家づくりに取りいれてみてはいかがでしょう。

 

こんにちは!
住宅コンサルタント部の橋本です。

先日の3/17(日)に後悔しないための賢い家づくり勉強会が、
安城市のアンフォーレにて開催されました。

安城市のアンフォーレにて開催された後悔しないための賢い家づくり勉強会

勉強会には多くの方にご参加いただきまして
“満員御礼”での開催をすることができました。

ご参加いただき、誠にありがとうございました!!

一方で、前日に予約が満席になりました関係で、
参加をご希望されていたにもかかわらず、
お席をご用意できなかった方々には、大変ご迷惑をおかけいたしました。

今回は、
中小企業診断士であり人気コンサルタントの塩味隆行先生
の講義が行われまして、
私たちスタッフにとっても新しい発見がある、大変有意義な内容でした。

また、ご参加いただいた方から、
「今回の勉強会を通して気密性、断熱性の大切さがわかりました!」
とのお声も!

家づくりを考え始めたけど、
何から始めたらいいのだろう?とお悩みの方、
気密性って何?断熱性って何?
といった疑問のある方、
家を建てた後に後悔しないよう
勉強会に参加して、疑問を納得に変えちゃいましょう!

次回の勉強会は、4月21日(日)岡崎市のウイングタウンで開催します!

<賢い家づくり勉強会お申込受付ページ>

<お問い合わせ>

電話番号:0120-25-3680

<お問い合わせ受付ページ>

お気軽にお問い合わせ・ご予約ください。

※ご注意ください※
お席の関係上、先着順で予約を締め切らせていただく場合がございます。
参加をご検討されている方はお早めのご予約をお勧めいたします。

皆様のご予約をお待ちしております!!

 

3月も中旬になり、だいぶ暖かくなってきましたね!
こんにちは。住宅コンサルタントの橋本です。

日本人の約40%が花粉症といわれています。
これだけいれば”春といえば花粉症!”と言われるほど、
花粉症は「春の代名詞」になるのもうなずけますね。

そんな花粉症の方がいるご家庭に是非見ていただきたい、
花粉対策を施したアイディア(当社建築事例)がこちら!!

花粉は家の玄関で止める

一見すると普通の玄関横にあるシューズクローゼットですが、
見る角度を変えてみると・・・

花粉は家の玄関のコートかけと手洗いで部屋に入れない

花粉対策が2つあるのですが、どれか分かります?

答えはこちら!
<1つ目>玄関を上がる前“コートなどをかけるクロークのスペース”
<2つ目>玄関を上がってすぐ“手洗いスペース”

これは、花粉を部屋に持ち込まないよう、
玄関に閉じ込めてしまうことを考えたアイディアです。

花粉症の方がいるご家庭でしたら、
ぜひとも取りいれたいアイディアなのでは・・・・?

 

高性能の家を学んで賢く家づくり

ネイブレインでは、
“後悔しないための賢い家づくり勉強会”を毎月開催しています!

こんにちは。住宅コンサルタントの橋本です。

勉強会は、初めて家を建てる方の多くが悩む「家づくりのポイント」を、
分かりやすく、楽しくお伝えするイベントです。

ところで、参加していただいた方々が家づくりのポイントで
「一番聞きたいこと」って、何だと思いますか?
実は、“家の性能を下げずに、お金を予算内に収める方法”だったんです!!
皆さんそう思いますよね!私もそう思います。
同じ性能の家なら価格が安いほうがいいですよね。

一方で「性能って、建築の専門用語で説明されても、良くわからない・・・」
というご意見を頂くことも多いんです。

そこでネイブレインでは、家の性能について、
初めての方にも分かりやすく、簡単に知ることが出来て、比較が出来る
方法をお伝えしています。
勉強会終了後、「知りたかったことが分かって良かった。」
というお声を多くいただいており、大変好評です!!

「家の性能ってまだちょっと良くわからないなぁ」
と思っている方、今がチャンスです!
見せかけの高性能に騙されて"後悔"しないよう、
勉強会に参加して、賢く家づくりを進めていきませんか?

 

照明選びの基本-

 

室内を彩るインテリアの中から
照明選びの基本について
インテリアコーディネートも務める
デザイナー 小野 彩子 さんに
伝授していただきました。

形・素材・色、3つのポイントを押さえて
お部屋にピッタリな照明を選びましょう。

 

「どんな照明が家に合うかわからない」
こんな雰囲気にしたい」

 

そんな方に是非読んでいただきたい記事です。

 

       
  株式会社小野デザイン事務所
代表取締役 小野 彩子 氏
インテリアコーディネートやグラフィックデザインなど幅広く活躍しており、
R+house岡崎モデルハウスのインテリアコーディネートにも携わっていただいている。
最近はまっているもの:苔、エアプランツ
好きなデザイン:北欧
http://onoaa.com/
デザイナー 小野 彩子 氏  
       

 

目次>>


      1.形で選ぶ


      2.素材で選ぶ


      3.色で選ぶ

 

 

 

 

 

 

[1.形で選ぶ]

照明は形によって照らし方範囲が異なります。
単純に大きい・小さいもありますが、
形によって範囲も雰囲気もまったく違います。

形

 

狭配光・広配光は
テーブルの上を照らすのに向いており、
ダイニング照明はこの2つから選ぶと無難です
狭配光は照らす範囲が狭いので
2・3灯吊るすのもオススメです。

 

全方向は光がほぼ均一に
空間全体を照らすことができます。
柔らかな光で室内全体をまんべんなく照らしますが、
影ができないので平板な印象になります。
子供部屋など明るさが欲しい部屋に適しています。

 

 

 

 

 

[2.素材で選ぶ]

ガラスやほうろうの照明が
シンプルで選びやすいですが、
実際設置してみると浮いてしまった…
そうならないように素材は
室内にある素材と合わせて選びましょう!

 

例えば…
ガラス製ダイニングテーブルに合わせたい場合
照明も素材を合わせてガラス製を選びましょう!
ガラスやスチール製のインテリアは
空間をクールに演出することができます。
またガラス製は高級感も感じさせることができます。

素材-ガラス-

 

他にソファの素材に合わせて
木製や布の照明を合わせてもOKです。
木製や布の照明はやわらかい雰囲気を演出でき
リビングや寝室などリラックスしたい空間
オススメです。

素材-布-

 

 

 

 

 

[3.色で選ぶ]

好きな色を選ぶのが一番ですが、
統一感のあるお部屋にしたい方は
この鉄則を守ることが重要です。

【 1部屋3色まで 】

シンプルな部屋に
アクセントカラーとして照明を選びたい場合
その部屋の色を2色までに抑える必要があります。

(ちなみに筆者の部屋は5色も使っており
小野さんに怒られました…(^^;))

 

壁紙がホワイト、床がブラウン、ソファがブルーの場合
照明は上記3色の内1つに合わせると
部屋全体の統一感がとれます。

壁がホワイト、床が濃いブラウン
ソファが薄いブラウンの場合は
床とソファが同じブラウン系ですので、
2色と考え照明にアクセントカラー
取り入れてもかまいません。

形

 

[まとめ]

いかがでしたでしょうか?
シンプルに天井付けの照明を選ぶものいいですが、
お部屋に合ったデザインの照明を選んで
快適おしゃれなお部屋にしませんか?

 

 

著:たけうち

 

デザイナーがコーディネートした
モデルハウスを見学しませんか?>>

デザイナー小野さんにコーディネートしていただいた
モデルハウスは大人な空間に仕上がっています。
またアトリエ建築家 矢橋 徹 氏による設計で
家族思いの家間取り。
ぜひ一度ご見学ください。

モデルハウスオープン見学会

 ⇒モデルハウスを見にいく

  

 

関連記事

子どものコミュニケーション能力を伸ばす家

お子様の学力アップに住まいが大きく影響を与える?

省エネ住宅=主婦の味方


愛知県岡崎市の木造注文住宅ネイブレイン

「私たちはC0.3以下の家しか建てません」