流行りの平屋住宅で、家族が自然と集まるスローライフな生活

流行りの平屋住宅で、家族が自然と集まるスローライフな生活

近年、大人気の平屋暮らし。
今回はそんな「平屋住宅」の魅力を、実際の施工実例と共にご紹介していきます。

目次
  1. 平屋とは
    1. 平屋のメリット
    2. 平屋のデメリット
  2. 平屋住宅の主な間取り
    1. 「I型」
    2. 「L型」
    3. 「コの字型」
    4. 「口の字型」
  3. 実例紹介
    1. 目と声がよく届く「平屋感覚」の暮らし
    2. 車好きのための大きなガレージがある平屋
  4. まとめ


1. 平屋とは
注文住宅 平屋 岡崎 安城 アールプラスハウス

そもそも平屋とは、階段がなく1層だけの建物を言います。
リビングやキッチン、お風呂やトイレなどの水回りや、寝室や生活スペースまでもが全てワンフロアで設計されております。
2階建て住宅が多いなかで、平屋住宅は個性的な魅力が特徴の家です。

1-1 平屋のメリット

平屋のメリットは大きく分けて

①バリアフリー
②家事動線
③家族とのコミュニケーション
④構造が強い
⑤メンテナンス費用・冷暖房費が抑えられる

の5つです。
一つづつピックアップして見てみましょう。

■バリアフリー

高齢者の事故の中で、『転ぶ事故』はなんと全体の8割で、その内60%が自宅で起こっています。
そんな家庭内の事故の内、階段からの転落事故の割合は、なんと20%を占めます。

また、高齢になると階段の上り下りが億劫になり、2階ほぼ使わず生活スペースを1階のみにしてしまう方も多いです。
暮らしの安全性・有効性も考え、1階のみの生活には大きなメリットがあります。


■家事動線

家づくりにおいて後悔していることに、「家事動線を考えた間取りにしておけばよかった。」という後悔の声を多く目にすると思います。

さらに家事動線が悪いと、手間に思うことが増え、物が散らかり、片付けができない家になってしまいます。

掃除機がけや洗濯物干しの際、重たいものを持ちながら階段の上り下りがある家より、ワンフロアで収まり生活導線がシンプルな家のほうが、家事楽につながります。


■家族とのコミュニケーション

近年増加傾向にある、不登校や引きこもりは様々な原因から成りえたものですが、その内の一つに"住宅の間取り"にも要因があるという結果があります。
(参照: 家族関係と住宅の間取りの研究 後藤礼彦)

大半の子供が大きくなると自室を持ちます。
2階建ての家は、いつの間にか帰ってきて、一度も顔を合わせずとも部屋にこもるれる設計になってしまっているため、コミュニケーション不足にもなり、子供の不登校や引きこもりになる可能性もあります。

家族が集まるリビング、お風呂やトイレなどの生活スペース、子供の部屋までもが、ワンフロアにある平屋は、2階建ての家と比べ、自然と顔を合わす空間になっています。
子供の成長と共に、家族の絆が深まる平屋生活はとても魅力的ですね。


■構造が強い

日本に住んでいる以上、地震は付き物です。
これから家づくりをはじめようと考えている方は、構造について正しい知識を身につけて家づくりを行いましょう。

地震は、重いものほど大きく揺れるという傾向があります。
そのため、2階部分のない平屋住宅は、重さがない分、安定した構造になっています。


R+houseの家は全て "構造専門の建築士" が耐震性をチェック。
そして、認定ビルダーのみしか取扱いのできない構造耐力面材を使用することで、地震に強い丈夫な家を実現しています。

詳しくは ▶こちら から


■メンテナンス費用・冷暖房費が抑えられる

家づくりの際、長く住むことを踏まえこれからのメンテナンスにかかる費用も頭に入れて、準備する必要があります。
平屋はシンプルなつくりのため、メンテナンスもシンプルに収まります。
また、ワンフロアで解決する空間のため、日々の冷暖房費も抑えられ、お財布に優しい住宅です。

1-2 平屋のデメリット

平屋のデメリットは大きく分けて、

①土地が狭い時の間取り問題
②陽当り問題と防犯対策
③水害時に心配

の3つ挙げられます。


■土地が狭い時の間取り問題

十分な広さの土地の方が、部屋数や間取りの自由度が上がります。
また、形や方角によっても間取りは左右されます。
そのため都市部での暮らしを検討している方は、土地探しに苦戦してしまうため、慎重に土地選びを行う必要があります。

ネイブレインでは土地選びのお手伝いも行っております。
岡崎市・安城市・豊田市 他、愛知県内のおすすめの土地情報を掲載しております。

詳しくは ▶こちら から


■陽当り問題と防犯対策

周囲にマンションなどの大きな建物があると、光が取り込みづらくなります。
その分、窓を大きめにし採光を取る方法もありますが、家の中が丸見えにならないように、塀や柵を設け、視界を遮る工夫をしましょう。

平屋住宅の主な間取りには、「I型」「L型」「コの字型」「口の字型」の4パターンがあります。
どこに玄関を設けるのか・庭を設けるのかでパターンが変化していきます。

周囲の建物の場所や人・車の往来状況など、周囲の環境をよく調査してから間取りを考え、防犯対策を行っていきましょう。


■水害時に心配

メリットに「平屋は構造が強いため地震に強い家」と挙げましたが、構造が強いだけでは災害対策にはなりません。

洪水などの水害時、2階に避難することができない平屋は、浸水してしまう可能性があります。
平屋に限らず、土地選びの際は必ずハザードマップを確認しましょう。

2. 平屋住宅の主な間取り

平屋住宅の主な間取りには、「I型」「L型」「コの字型」「口の字型」の4パターンがあります。


2-1 「I型」
注文住宅 平屋 岡崎 安城 アールプラスハウス

I型はシンプルな設計のため、外皮面積少なくコストは低くなります。
そのため平屋にしたいけど、価格を抑えたい人におすすめの形です。

また長い面を南側にし、大きな窓を設置すると採光もとれるので、コンパクトですが開放感のある空間が出来上がります。


2-2 「L型」
注文住宅 平屋 岡崎 安城 アールプラスハウス

L型は屈折していることによって、外と中のつながりを感じられるつくりになっています。

また、庭を広くできるつくりなのもポイントです。
そのため、画像の「庭」の部分をウッドデッキにすると、さらにつながりが感じられる設計になるのでおすすめです。


2-3 「コの字型」
注文住宅 平屋 岡崎 安城 アールプラスハウス

コの字型は、屈折しているため自然と空間に仕切りができたり、部屋数の確保ができます。
そのためスペースを有効活用した設計になっています。

また長い面を道路側に、庭を裏側にすると視線を遮ることができ、プライベート空間にもなります。
またコの字型は一部が空いているため、排水も問題なく行えるのもポイントです。


2-4 「ロの字型」
注文住宅 平屋 岡崎 安城 アールプラスハウス

ロの字型は、庭を中央に配置しているため、コの字型以上にプライベート空間を設けられる設計になっています。
しかし、壁に囲まれているため排水が難しくなってしまうのが難点です。

また、つくりが難しく、外皮面積も大きくなってしまうため、価格は一番高くなってしまいます。

周囲が道路や建物に面している場所に建築をお考えの方には、家族だけの時間を大切にできるロの字型がおすすめです。


理想の暮らしをイメージしよう

玄関の場所や庭の場所によっても、間取りは変化していきます。

家族のコミュニケーションを大切にした暮らしをしたいのか、
家事を助けてくれるような間取りにしたいのか、
趣味のBBQのために庭を広くしたいのか・・・

など、理想の暮らしをイメージしながら、間取りを決めていきましょう。

3. 実例紹介

平屋暮らしに憧れてはいるものの、結局2階建て住宅に考えを変移して諦めてしまっていた方も多いはずです。
しかし平屋は、住む場所・家族構成・理想の暮らし方によって、無限の可能性を秘めた住宅です。

私達、「建築家とつくる家R+house」ではそれぞれのご家族様の暮らし方をヒアリングし、一人ひとりに合った住まいをご提案します。
ここからはそんなR+houseで建築した、平屋住宅の実例をご紹介します。

3-1 目と声がよく届く「平屋感覚」の暮らし
注文住宅 平屋 岡崎 安城 アールプラスハウス

注文住宅 平屋 岡崎 安城 アールプラスハウス

こちらはK様邸のお家です。
家族構成は、ご夫婦+お子様3人です。

多忙なご夫婦が望んだのは、家事と育児をサポートしてくれる「ワンフロアで機能的な、家事動線をもつ平屋」でした。

しかしヒアリングを進めると、ご主人に夜勤があるためぐっすり眠れるような寝室が必要なことが判明しました。

建築家ならではの発想で、寝室をロフトに配置し、平屋のLDKに立体感を出す空間を提案しました。
建築法規上では2階扱いなるロフトですが、限りなく「平屋感覚」でつかえる家になり、家族の様子をいつでもどこでも見渡せる空間になりました。


~目と声がよく届く「平屋感覚」の暮らしの家~
その他の写真は ▶こちら から

本写真画像は全国各地の R+house ネットワーク加盟工務店が施工した物件を撮影したものを同ネットワーク全体の広告宣伝のために使用しているものであり、当該物件が特定の工務店等の施工物件であることを保証するものではありません。

3-2 車好きのための大きなガレージがある平屋
注文住宅 平屋 岡崎 安城 アールプラスハウス

注文住宅 平屋 岡崎 安城 アールプラスハウス

こちらはM様邸のお家です。
家族構成は、ご夫婦+お子様2人です。

家が2軒建ちそうなほど広い敷地のM様邸。
ご主人の趣味の、車・バイク・読書と、奥様の趣味の手芸・家庭菜園を楽しめる家を希望されました。

車2台分のインナーガレージを、室内から眺められる書斎や、テラコッタタイルとカーブで暖かい印象の玄関アプローチに、家庭菜園を楽しむスペースを設計しました。

共働きなので「家事動線は短くしたい!」というご夫婦の要望から、コンパクトで住みやすい「縦長のI型平屋」を提案しました。
また外観の特徴を生かした勾配天井のLDKを、南側の中心に配置し、1階のみの平屋に開放的な印象を演出しました。

ガレージ・パブリックスペース・プライベートスペースの3つのゾーン分けを行ったI型平屋は、必要となる導線がコンパクトになり暮らしやすい設計です。


~車好きのための大きなガレージがある平屋~
その他の写真は ▶こちら から

本写真画像は全国各地の R+house ネットワーク加盟工務店が施工した物件を撮影したものを同ネットワーク全体の広告宣伝のために使用しているものであり、当該物件が特定の工務店等の施工物件であることを保証するものではありません。

4. まとめ
注文住宅 平屋 岡崎 安城 アールプラスハウス

平屋には人によってメリット・デメリットの感じ方が違うので、一度ご家族でどんな暮らし方をしたいのかを話し合ってみてください。
また、平屋は憧れだけど価格は抑えたい...という方は、ぜひお近くの住宅会社へご相談ください。

住宅の価格の内訳は、すべての人にかかってくるものから、人によっては安くなる制度があったりと、それぞれです。

「人生で一番高い」と言われる住宅購入を後悔しないために、プロに相談し家づくの知識をつけましょう。


愛知県岡崎市の住宅会社ネイブレインでは、個別相談や家づくり初心者さんに向けて、勉強会を開催しております。

▶個別相談

\正しい知識で家づくりを学ほう!/
『20代・30代のための』
"家づくり初心者さん大歓迎!"
▶賢い家づくり勉強会 開催中!


☞ -------------------------------------------
株式会社ネイブレイン
(R+house岡崎・安城・幸田)

〔本社〕愛知県岡崎市洞町字寺前3番地1
TEL.0564-65-0241 FAX.0564-65-0247
------------------------------------------- ☜